ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

開発者の約3分の1が、12ヶ月間に職場でレイオフの影響を受けたと回答、その注目のアンケートとは?



開発者の約3分の1が、12ヶ月間に職場でレイオフの影響を受けたと回答、その注目のアンケートとは?としていて、どのような状況下にあるのかというのを鮮明にしていて、日本も他人ごとではないといえそうですね。


開発者の約3分の1が、12ヶ月間に職場でレイオフの影響を受けたと回答。

最新の『GDC State of the Game Industry』調査では、インディーおよびAAAスタジオの開発者3000人以上に、過去12ヶ月間(2022年10月から2023年10月まで)にゲーム業界のレイオフが自分や会社にどのような影響を与えたかなど、仕事に関するさまざまな質問を投げかけている。

回答者のうち35%がこの期間にレイオフの影響を受けたと答え、7%が個人的にレイオフされ、さらに17%が自分の部署の同僚がレイオフされ、11%が他のチームや部署がレイオフされたと答えた。

調査によると、QA開発者はレイオフされる可能性が高いようです。調査に回答したQAワーカー全体のうち、22%が過去12ヶ月間に個人的にレイオフされたと回答しています。

この調査ではまた、今後12ヶ月間(2023年10月から2024年10月まで)のレイオフについてどの程度懸念しているかを回答者に尋ねている。56%が少なくともある程度懸念していると答えた(『非常に懸念している』14%、『ある程度懸念している』16%、『少し懸念している』26%)。

また、ゲーム業界全体でレイオフが増加していることについて、匿名で意見を述べる人もいた。

ある回答者は、『パンデミックの間にスタジオが急成長しすぎ、生活費危機の中で人々がゲームにかけるお金が減っている。バブルは悲しいことに崩壊しつつある。ゲーム開発に革命を起こすような新しいスタートアップ企業が生まれ、大きなスタジオがそれに続くような前例になることを願っている。』

また、『レイオフが気になるのは、プロジェクトの出荷後にレイオフするという『典型的な』周期的なトレンドに従っていないように見えるからだ。それが素晴らしいというわけでもないが、最近はいつどこでレイオフが行われるかを予測するのは難しい。』

2023年、ゲーム業界全体の雇用喪失は広範囲に及んだが、今年もその勢いは衰えていないようだ。

昨年レイオフの影響を受けた企業には、Media Molecule、Codemasters、Xbox Game Studios、Epic Games、Sony Interactive Entertainment、CD Projekt、Unity、Ubisoft、Riot Games、Blizzard、BioWare、Striking Distance、Team17、Frontier Developments、Telltale Games、Digital Extremes、Amazon、Digital Bros.


関連リンク



レイオフの波が海外で襲っているので、日本も他人ごとではないですね。採用を募っている会社もその採用枠で絞り込んで起用するケースが多いみたいなので、狭き門になりつつあるようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment