ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

業界インサイダー/リーカーとして知られるThe Tipsterによると、シングルプレイヤー向けのサバイバルホラー『SAW』が開発中であると噂へ



業界インサイダー/リーカーとして知られるThe Tipsterによると、シングルプレイヤー向けのサバイバルホラー『SAW』が開発中であると噂へとしていて、映画はちょうど20年前の2004年に超低予算でデビューしてメガヒットですね。



業界インサイダー/リーカーとして知られるThe Tipsterによると、シングルプレイヤー向けのサバイバルホラー『SAW』が開発中であると噂されている。

The Tipsterによると、このゲームはこれまでに挙げられているもの全てになるとのことで、マルチプラットフォームタイトルになるとのこと。

また、2025年中に登場し、2024年後半に公開される予定だと主張しています。

『project_gideon 』という内部コードネームで、マルチフォーマットAAAソーゲームを現在開発中。発表は2024年内、リリースは2025年Q1/Q2が予定されている。"

The Tipsterの主張を超えて、この噂には何の根拠もないので、大いなる噂に見てほしい。とはいえ、『SAW』ゲームの制作が進行中であることは、まったく驚くべきことではない。

Blooberチームが、手掛けたいIPとしてSAWではなくブレアウィッチを選んだ経緯を語っていることからも、ライオンズゲートが少なくともSAWゲームのアイデアを開発者に買い漁っているのは明らかだ。

ライオンズゲートは私たちのところに来て、『みんな、(Blooberのブレイクゲームである)『Layers of Fear』が大好きだ。オブザーバーであなたがやっていることを見たので、一緒に仕事をしたい。君たちは自分のゲームをやりたいだろうから、これがホラーIPのリストだ。

『ブレアウィッチよりも人気のあるSAWを選ぶこともできましたが、この世界には新しいものを作るチャンスがたくさんあるので、ブレアウィッチを選ぶことにしました。それがこのプロジェクトを選んだ理由です』。

また、ライオンズゲートが自社IPのゲーム化に積極的であろうとしているのは明らかで、近日公開予定の『ジョン・ウィック』はその一例だ。

もしこのゲームについてThe Tipsterが本当に正しいのであれば、チームがSAWのゲームに再挑戦するのを見るのは素晴らしいことだろう。


関連リンク



SAWは映画化されて20周年ですが、リリースは2025年になるのではとしていますね。低予算で大ヒットした金字塔のパイオニア映画でしたが、自分もこの映画はハマりましたね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment