ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Larian Studiosのゲームがサブスクリプション・サービスで提供されることはない、とCEOのSwen Vincke氏は語る



Larian Studiosのゲームがサブスクリプション・サービスで提供されることはない、とCEOのSwen Vincke氏は語るとしていて、ソフトを出来るだけパッケージで売る形態を残していきたいという意思もあるようですね。


Larian Studiosのゲームがサブスクリプション・サービスで提供されることはない、とCEOのSwen Vincke氏は語った。

Vincke氏はX(旧Twitter)のスレッドで、ユービーアイソフトがサービスを進化させるという昨日のニュースを受けて、サブスクリプションモデルについての見解を述べた。ユービーアイソフトのサブスクリプション担当ディレクターであるPhilippe Tremblay氏は、消費者の行動範囲について議論する際、プレイヤーはゲームを所有しないことに『快適さ』を感じる必要があると述べた。

『ゲームの未来がどのようなものであれ、コンテンツは常に王者である。しかし、サブスクリプションが支配的なモデルになり、選ばれたグループが市場に出るものとそうでないものを決定するようになれば、良いコンテンツを手に入れるのはかなり難しくなるだろう。デベロッパーからプレイヤーへの直接販売が主流になるはずだ。』

彼は続けた、『それは悪いことではないが、サブスクリプション・サービスの独占にはならないかもしれない。私たちはすでに一部のデジタル配信プラットフォームに依存しており、発見しやすさは残酷だ。これらのプラットフォームがすべてサブスクリプションに切り替われば、それはますます残酷になるだろう。』

その結果『サブスクリプションサービスの好みが、どのゲームが作られるかを決める 』ことになる。

彼はこう締めくくった。『多くのデベロッパーにとってゲームを作るチャンスであることは尊重するとしても、私たちのゲームをサブスクリプションサービスで見つけることはできないでしょう。それは問題ではありません。ただ、他のエコシステムが死んでしまわないようにしたいのです。』

業界の他のメンバーもサブスクリプションサービスについて意見を述べている。

Tremblay氏の見解に対し、Limited Run GamesのCEOであるJosh Fairhurst氏は次のように述べています、『このようなことは絶対に嫌ですが、残念な現実として、今後10年から15年のうちに、クラウドストリーミングとサブスクリプションサービスがゲームの主要な配信方法になると思います。しかし、我々は最後までゲームを物理的にリリースし続けるだろう。』

『悪魔城ドラキュラ』Netflixシリーズのディレクター、Samuel Deats氏は、ゲームとビデオを比較した。『ゲーム業界には、月額課金のストリーミング配信は追いかけるべきビジネスモデルではないということを理解してもらいたい。ビデオゲームが直接購入であることは神の恵みだ。決して手放さないでください。』

Vincke氏は以前、同スタジオの『Baldur's Gate 3』はゲームパスでリリースされないと明言していた。『我々は大きなゲームを作ったので、それなりの対価が必要だと思うし、それでいいのだと思う "と彼は12月にXboxでゲームが発売された時にIGNに語った。「このゲームは大作です。だから、それはそのまま存在できるべきだと思う。このおかげで、他のゲームを作り続けることができるんだ。』

昨年のリークで、マイクロソフトがゲームパスのサブスクリプションにゲームを追加するために支払う費用が明らかになった。ゲームはワオファクターや 『予想されるパートナーからの依頼 』といったパラメータで評価され、適切なコストが与えられた。『 スター・ウォーズ ジェダイ:サバイバー』をゲームパスに追加するには3億ドル、『モータルコンバット1』と『スーサイド・スクワッド』は2億5000万ドルと見積もられていた。Baldur's Gate 3も検討されたが、見積もりはわずか500万ドルだった。


関連リンク



サブスプリクションサービスに100%出ない宣言をしていて、潔いですね。こうしたケースも今後増えるのかどうかといえそうで、加入して成功するケースもあれば、失敗する場合もありますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment