ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Naughty DogのゲームディレクターVinit Agarwal氏が、『The Last Of Us: Part 2』のアビーとエリーの最終決戦をどのように制作したかを明かす



Naughty DogのゲームディレクターVinit Agarwal氏が、『The Last Of Us: Part 2』のアビーとエリーの最終決戦をどのように制作したかを明かすとしていて、如何に臨場感があって、本当に戦っている意味を見出す工夫をしているとのことですね。


Naughty DogのゲームディレクターVinit Agarwal氏が、『The Last Of Us: Part 2』のアビーとエリーの最終決戦をどのように制作したかを明かした。

X(旧Twitter)でファンに答えたVinit Agarwal氏は、アビーとの最終決戦のためにエリーのAIをデザインする際、彼ともう一人の開発者が実際に2人の本物のプレイヤーとして戦いに参加し、互いに1vs1で戦ったと明かした。Vinit Agarwal氏によれば、この信じられないような戦いの目的は、エリーのAIが『可能な限り本物のプレイヤーに近い』感覚を得られるようにするためだったという。アガーワル氏によれば、この素晴らしいバトルの目的は、エリーのAIが『可能な限り本物の人間のプレイヤーのように』感じられるようにすることだったという。

『The Last Of Us 2のエリーのAIを決めるシアターバトルで1vs1の私』があるのに、『Rustで1vs1の私』なんて必要ないでしょ?

『The Last Of Us: Part 2』は主にエリーを中心に展開するが、エリーを追うアビーを操作するパートもある。『対決』の章では、アビーがエリーとその仲間が劇場内でキャンプを張っているのを発見し、2人はついに衝突する。この戦いでもアビーを操作し、エリーを殺すのが目的だ。

すでに『The Last Of Us: Part 2』をクリアした人なら、このチャプターが簡単でないことはよくご存知だろうが、それはNaughty Dogのちょっとした1vs1のせいのようだ。これに対し、あるファンは『ああ、だからリスポーン待ちで何時間も画面に向かって罵倒して、何度も何度も失敗したのか!拷問者め" また、別のファンは、彼女が戦闘中にどのように行動するかについて、理にかなっている』と述べている。

岩の下で暮らしていた人でない限り、『The Last Of Us: Part 2』が『リマスター』されることになり、再び私たちの生活に(それが良いことなのか悪いことなのかはあなた次第だが)戻ってきたことはよくご存知だろう。新しいローグライク・サバイバルモード、PS5ネイティブの機能強化、様々なグラフィックの改善などが施され、1月19日にPlayStation 5向けに発売される予定だ。

しかし、誰もが『The Last Of Us』のリマスターを好意的に受け止めているわけではない。ノーティードッグがまた金儲けに走ったように感じられるという事実や、イスラエルとパレスチナの戦争に対する明確な政治的スタンスなどだ。

『The Last Of Us: Part 2 Remastered』を購入予定の方は、すでにオリジナルのPlayStation 4版をお持ちなら、わずか10ドルでアップグレードが可能です。


関連リンク



1対1のボスバトルを可能な限りリアルにするAIを作ったという事を意味していて、その辺はプレイした人はどう感じたかといえそうですね。PS5版で初めて触れる人にも期待させる発言ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment