ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

フォーブス記者が、3か月振りに『スターフィールド』実際にプレイして感じた違和感を伝える



フォーブス記者が、3か月振りに『スターフィールド』実際にプレイして感じた違和感を伝えるとしていて、その辺は何が気に食わなかったのかという話になりそうで、何処が問題点として浮上しているのかという話ですね。


筆者は『ディアブロ IV』シーズン3と『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』のリリースを待つ間、ちょっとした空き時間ができた。2023年にプレイできなかったゲームの数々に手をつけることもできたのだが、その代わりに、最後にプレイしてから3カ月が経った『Starfield』が今どうなっているかを確認してみることにした。

発売当時、筆者は同作を高く評価した(ことで批判を浴びた)し、本当におもしろいゲームだと思った。その考えは今も変わっていない。とはいえ、時間が経ち、同じジャンルの他タイトルについても考慮した上で、再びプレイしてみた結果得られたのは、少し奇妙な体験だった。

クエストのデザインやNPCのアニメーションについて言っているわけではない。再プレイでは、ただランダムに高レベルの恒星系を探索し、そこにいる生物や賊たちを殺したり、動植物をスキャンしたり、船を盗んだりした。そうしてみて驚いたのは、『Starfield』がこの3カ月でほとんど変わっていないことだった。

発売以来、ゲームプレイを快適にするアップデートがほとんどないのは奇妙だ。寄せられている要望の中には「ロード画面をなくせ」や「陸上の乗り物を作れ」など、不可能だったり、規模が大きいためこの短期間では実装できなかったりするものもある。一方で、数カ月あれば実装できるようにも思えた小~中程度のものも無数にあったが、そのどれも実現していない。

酸素消費量と最大所持重量の制限が厳しすぎるという不満は広く上がっているが、いずれもまったく変わっていない。武器のバランスは悪いままで、一部が強すぎたり、役に立たなかったりする。スキルのバランス調整も、難易度のバランス調整もなしだ(現状では、最高難易度でも簡単すぎる)。所持品管理の変更もなければ、宇宙船の切り替えや改造によって船内のアイテムがすべて貨物室に放り込まれるという大きな問題も修正されていない。代わり映えしない神殿のミニゲームを何度も繰り返させられるのも変わらない。問題は挙げ始めるときりがないほどだ。

では、変わったことはあるのか? 発売後のアップデートは非常に少なくまばらで、目立ったものといえば、エヌビディア製GPUのサポート改善、テーブルから直に食べ物を食べられるようになったこと、店から簡単に物を盗める不具合の修正くらいだ。それ以外は、クエストのバグ修正に終始している。

今後の予定はというと、今月末に新しいパッチのベータ版がリリースされる予定だが、それさえも、クエストのバグ修正と、キャラクターの顔と惑星の輪のビジュアルとライティングの改善のみにとどまる。

もう少しペースを上げる必要があることは開発元のベセスダも認識しているようで、今後は約6週間おきにパッチを公開し、拡張コンテンツ「Shattered Space」を年内にリリースすると約束。加えて「新たな移動手段」を実装すると宣言している。陸上の乗り物だとの見方が多いが、実際のところはわからない。

『Starfield』がライブサービスゲームではないことは十分理解しているし、発売から数カ月で大型追加コンテンツを出すべきと言いたいわけではない。しかし現代のゲームで、バグやバランスの問題、ゲームプレイの快適さを損なう残念な仕様など、多くの問題が何カ月も放置されるようなことは、ほぼあり得ない。これに対し『バルダーズ・ゲート3』は、昨年8月の発売以来、17個のHotfixと5個の大型パッチをリリースしている。

「有志がMODで修正してくれるだろう」とベセスダが考えているようにも若干感じられるが、そうした考えは『Starfield』の多くの部分と同様、時代遅れだ。現代のゲームには、現状のベセスダよりもずっとすばやい対応が求められる。私は2024年にはこうした状況が意味あるかたちで変化することを期待しているし、ベセスダもそうした意気込みを示しているように思える。しかし、発売から4カ月が経過しているのだから、私はこれ以上のものを期待していた


関連リンク



スターフィールドは時代遅れであるとバッサリと斬っていますが、その辺は遊んでいる人の共通認識なのかどうかという話になってきそうですね。革新性はないという声は多いですが、目指した方向性はどうか?

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment