ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ワーナー・ブラザースの『マインクラフト』映画化の監督は、あの『醜いソニック』のようなファンの反応を避けたいと考えていると伝える



ワーナー・ブラザースの『マインクラフト』映画化の監督は、あの『醜いソニック』のようなファンの反応を避けたいと考えていると伝えるとしていて、あの醜態は避けたいという意思があり、子供の夢を壊さないと約束していますね。


ワーナー・ブラザースの『マインクラフト』映画化の監督は、あの『醜いソニック』のようなファンの反応を避けたいと考えている。

思い出してほしいのだが、『醜いソニック』とは、ジム・キャリーとジェームズ・マースデン主演の2020年公開の映画に登場するソニックのオリジナルデザインだ。最初の予告編でソニックの全貌が明らかになったとき、多くの人は(控えめに言っても)デザイナーの方向性に感銘を受けなかった。しかし、それ以前にも、ソニックの映画公開を予告するポスターで、ハリネズミの奇妙にしなやかなシルエットと悪夢のような脚が映し出されたときには、懸念があった。

実際、ソニックの最終的と思われたルックスをめぐる批判は非常に大きく、チームは製図台に戻り、主役の青いハリネズミをより議論の余地の少ないモデルにデザインし直した。

現在、『マインクラフト』映画を制作している権力者たちは、パラマウント・ピクチャーズの判断ミスを自分たちのビデオゲーム映画化で繰り返さないことを望んでいる。

Minecraftのジャレッド・ヘス氏はThe Salt Lake Tribune紙に次のように語っている。『10歳の子供たちを失望させるわけにはいかないし、そうでなければ殺されかねない』とこのディレクターは付け加え、以前、自分の子供たちが『延々と』Minecraftをプレイしていると語った。

ヘス氏は、今度の映画化のための主要なストーリー・ビートについては明かさなかったが、彼はこのプロジェクトが楽しそうな挑戦であることに惹かれたと述べた。『ストーリーのないものを映画化しようとするのは、オープンなサンドボックスゲームだし...。私は挑戦が好きなんだ。楽しい、バカバカしい映画がここにあるはずだ。』と彼は語った。ヘス氏の妻で共同脚本家のジェルーシャ氏も、四角いニンジンが登場することを認めた。

『ナポレオン・ダイナマイト』などを手がけたヘス夫妻のほか、『ロード・オブ・ザ・リング』のプロダクション・デザイナーであるグラント・メジャー氏も『マインクラフト』チームの一員であり、撮影はニュージーランドで開始される。

『マインクラフト』のキャストには、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモアとジャック・ブラックがいる。現在のところ、ブラックは映画公開時にスティーブ役を演じるのではないかと言われている。

アグリー・ソニックに関しては、彼はついにその日を迎えた(ようなもの)。2022年公開の映画『チップ&デール レスキューレンジャー』に登場し、コミックコンベンションでサイン入り写真を売っていたのだ。よかったね。


関連リンク


醜いソニック事件はたしかに衝撃的な画像だったので、これは大失敗すると思っていたら突貫工事で作り直したのは驚きましたよね。セガも大胆な改革をして功を奏したので、それが反面教師になったようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment