ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『グランブルーファンタジー:リリンク』プレイ後、ファンはデモの良さを再認識しているというインプレッションを紹介!



『グランブルーファンタジー:リリンク』プレイ後、ファンはデモの良さを再認識しているというインプレッションを紹介!としていて、海外でも同時発売になるので、PS5/4ユーザーの目はどのように映ったのかといえそうですね。


『グランブルーファンタジー:リリンク』プレイ後、ファンはデモの良さを再認識

『グランブルーファンタジー:リリンク』のデモが公開されてまだ1日しか経っていないが、すでにプレイヤーの間で話題になっている。大半の話題は、この小さなデモの断片をもとに、ゲームの出来がどうなるかというものだが、デモがいかに不可欠かという幅広い議論も加速している。

今日、コンテンツクリエイターのLimitlessが、グランブルーファンタジー:リリンクのデモをどれだけ楽しんだかを投稿した。『 昨日まで『グランブルーファンタジー:リリンク』なんて眼中になかったんだ。彼らの投稿は、デモはすべてのゲームにあるべきであり、ファンがファイナルファンタジー16をプレイする意欲を高めるのに役立ったと信じている』と付け加えた。

返信にある会話は間違いなく一読すべきものだ。『90年代生まれとして、この文章を読んでいることが信じられない。私たちのように、雑誌でデモディスクを手に取ったことを覚えているほど長く生きている人たちが、デモディスクを取り戻したいと口々に言っている。』

どのコメントからもわかるのは、誰かが期待を持ってデモに参加し、そのゲームが自分に向いているか、向いていないかを知って帰ってきたということだ。ほとんどの場合、デモはプレイヤーをファンに変えている。

『リリンク』には、ボタン連打型の楽しいARPGを期待して入った。モンスターハンターをプレイしたような気分になった。デモはシングルとマルチの両方のコンテンツを見せるのに最適で、もっとやりたくなったよ。』

我々は、そしてこのスレッドでの返信に基づくと、他の多くの人々も、デモはもっと戻ってくるべきだと信じている。デモがより多くの売上につながることを示唆する証拠がここにあるし、ゲームの一部を公開することで期待が高まり、本編のリリースがより大きな反響を呼ぶのだ。

ファンは『 グランブルーファンタジー:リリンク』の体験版をPS4とPS5でプレイするには、PlayStation Storeからダウンロードする必要がある。なお、体験版の進行状況はゲーム本編には引き継がれない。何がどう変わるのかは不明だが、むしろその方がプレイする価値が高まるというものだ。

『グランブルーファンタジー リリンク』の発売は2024年2月1日なので、製品版が発売されるまでにはあまり時間がない。今回のようなデモは、ゲームのストーリーや伝承にどのような変化をもたらすのか、将来的に参照されることが多い。このようなデモがコンソールにあるのは喜ばしいことだ。


関連リンク



デモがかなり評判が良かったみたいで、それは海外ゲーマーも同じだったようですね。全世界同時発売なので、如何にPS5/4で盛り上がるか期待したいですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment