ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトがマルチプラットフォームに対し、柔軟な姿勢を見せ始めた中、HALOがプレイステーションに出る可能性はあるのか?



マイクロソフトがマルチプラットフォームに対し、柔軟な姿勢を見せ始めた中、HALOがプレイステーションに出る可能性はあるのか?としていて、その辺はどのような戦略を取るかという意味合いが強いものになってくる話でしょうね。

マイクロソフトはここ数年、同社が「Xbox」ブランドで何を目指しているかを明確に示してきた。それは、人々にできるだけ多くのプラットフォームでXboxのゲームをプレイしてもらうというものだ。相手が許すのであれば、競合プラットフォームへの進出も辞さない。

最近浮上した一連のうわさによると、『Hi-Fi RUSH』や『Sea of Thieves』などXboxタイトルが、PlayStationやNintendo Switchで発売される可能性がある。特に『Sea of Thieves』の場合、Xboxの独占タイトルに思い入れがあるXboxファンであっても、他のプラットフォームで発売する利点は理解できるのではないだろうか。同作は発売から時間がたったオンラインマルチプレイゲームであり、特にクロスプレイが実装されるのであれば、プレイヤー層の拡大により恩恵を受けられるタイトルだ。よって、PS向け発売は理にかなっている。

だが、マイクロソフトがこの方向性をどこまで追求するかによって、別の興味深い可能性も出てくる。

『Sea of Thieves』とまったく同じロジックが、『Halo』にも適用できるのだ。特に『Halo Infinite』のマルチプレイは、キャンペーンから切り離され、独立した基本プレイ無料のゲームとなっている。当初は若干つまずいたものの、ここ数年でかなりすばらしいものに生まれ変わった。今の『Halo』の最大の問題は、単にプレイヤーが少ないということだ。

PCゲームプラットフォームのSteam(スチーム)では現在、『Halo Infinite』の同時接続人数は最大でも7000人弱だ。Xboxの人気ゲームランキングでは、順位の上下はあるものの、Xboxのフラッグシップタイトルであるのにもかかわらず現在24位となっている。そこで、基本プレイ無料の『Halo Infinite』マルチプレイをPSに投入すれば、プレイヤー層が拡大できる。もしマイクロソフトが、Xboxのゲームを広く普及させたいと願い、特にオンラインマルチプレイゲームなどではそうした戦略が有効だと考えているのであれば、そこで浮かぶ唯一の問いは「HaloのPS移植は、まったく考えられないことなのか?」だ。

これが『Halo』自体に利益をもたらすかどうかは、議論の余地はない。マルチプレイゲームにとっては、プレイヤーが健全なかたちで増えることは常にプラスだ。それによりマイクロソフトは、バトルパスやマイクロトランザクションからの収入を増やせる。

『Halo』がPSに登場するというのは、象徴的な意味合いの方が大きい。だが、これが実現した場合、決まりが悪いのはマイクロソフトとソニーのどちらだろう? マイクロソフトは、自社製ゲームのプレイヤーを集めようと必死になるがあまり、自社を代表するタイトルを最大のライバルのプラットフォームに投入しているように受け止められるかもしれない。だが一方でソニーも、マイクロソフトによって自社のエコシステムに旗を立てられているように見られてしまうかもしれない。しかも、マイクロソフトが手中に収めた『Call of Duty』などの元サードパーティ製タイトルではなく、あのマスターチーフ直々の登場によって、だ。(とは言っても、『Halo Infinite』のキャンペーン部分はPSに移植する必要はないため、登場するのはマスターチーフではなく、その仲間であるマルチプレイキャラクターということになるのかもしれないが)

これがWin-Winなのか、共倒れになるのかは、双方の受け止め方次第だろう。マイクロソフトは『Halo Infinite』の健全性を高めて金を稼ぐことができる一方、ソニーはPSに圧倒的に不足している魅力的なライブサービスゲームを提供するとともに、プレイヤーがXboxを買う必要性をさらに減らすことができるかもしれない。あるいは、マイクロソフトは『Halo』を差し出したことで面目をつぶし、ソニーは『Halo』を受け入れたことで面目をつぶすという、どちらにとっても面倒な状況になるかもしれない(個人的には、よりばつが悪いのはマイクロソフトの方だと思うが)。

『Sea of the Thieves』のPS向け発売は、信頼性の高い情報が増えているとはいえ、まだうわさにすぎない。しかし、もしそれが筋が通ったもので、マイクロソフトがそれと同じことを他のどんなタイトルに対してもやるつもりであるのなら、『Halo』のスパルタン兵たちと『God of War』のクレイトスが同じゲーム機に(『フォートナイト』以外の場で)存在するという、考えられないことが実際に起こるかもしれない。


関連リンク



HALOはかつてXBOXの看板タイトルでしたが、今はそこまででも無くなってきているので、、CODを手に入れた今、マルチプラットフォームという可能性は否定できないという意味合いもありそうですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment