ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

アマゾンはTwitchで損失を計上して、そのために合理化をする必要があったと説明



アマゾンはTwitchで損失を計上して、そのために合理化をする必要があったと説明へとしていて、ゲームのフォーマットとして標準的な配信サイトと見なされる中、幅広いジャンルがあるyoutubeと比べて明暗が分かれた格好になりましたね。


アマゾンはTwitchで損をしているとCEOが語った。ライブストリーミングのQ&Aで、Twitchのボスであるダン・クランシー氏は、親会社であるAmazonのためにお金を稼ぐことができず、今このサイトは利益を上げていないと語っている。

この発言は、Twitchが従業員の35%にあたる約500人を解雇した後のものだ。Amazonはすでにゲーム部門から150人の従業員を解雇しており、その中には自社のTwitchチャンネル『Crown』で働く従業員も含まれている。

Eurogamerが報じたように、クランシー氏は言う。『我々は以前、持続的に運営する必要があると言ったが、単刀直入に言うと、現時点では採算が取れていない。』

『AmazonはTwitchに非常に協力的で、長期的に持続可能であるための大きなポイントは、私たちが損をしないようにすることです。それが私の仕事の大きな部分を占めています。』

2023年は確かにTwitchにとって良い年ではなく、その損失の矛先は労働者やサービス利用者に向けられている。昨年12月、Twitchは運営コストが高すぎるとして、韓国でのサービスを全面的に停止すると発表した。閉鎖は2024年2月27日に行われる予定で、この時点から韓国を拠点とするストリーマーはパートナー・プログラムに参加できなくなり、ストリームの収益化もできなくなる。この地域の視聴者は、購読や寄付を含め、ウェブサイト上で購入することもできなくなる。

損失と収益性の欠如にもかかわらず、Twitchはライブストリーミングの業界リーダーであり、ライブコンテンツをホストするためのデフォルトのプラットフォームと見なされることが多い。業界の大物の多くは主にTwitchでストリーミング配信を行っているが、YouTubeや、より物議を醸す競合のKickに一部のコンテンツクリエイターを奪われている。マイクロソフトが所有するライバルサービス、ミキサーは2020年に閉鎖された。

今回のレイオフがTwitchの運命を好転させるのに十分かどうかはまだわからないが、いずれにせよ、この最新の失業者数は約500人の従業員の生活を混乱させ、新年を迎えるにあたって突然収入を失うことになった。この12ヶ月間、ゲーム業界では長い解雇リストが追加されただけで、終わりは見えないようだ。


関連リンク



やはり利益は出ていなかったとして、アマゾンは協力的だったものの、限度があったようで、それに伴うレイオフだったとしていますね。youtubeの1人勝ちになってしまっているみたいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment