ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ユニバーサル・オーランドは、『ゼルダの伝説』や『ルイージマンション』のアトラクションとともに、ポケモン専門の新ランドを導入すると噂される



ユニバーサル・オーランドは、『ゼルダの伝説』や『ルイージマンション』のアトラクションとともに、ポケモン専門の新ランドを導入すると噂されるとしていて、その概要とは?という話であって、どれだけの楽しみが詰まったアトラクションになるか?


ユニバーサル・オーランドは、『ゼルダの伝説』や『ルイージマンション』のアトラクションとともに、ポケモン専門の新ランドを導入すると噂されている。

ポケモンランドにまつわる噂では、最先端のテクノロジーとインタラクティブな要素を組み合わせたライド体験が提案されている。日本では、ポケモンエリアが『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン』の代わりになる可能性があり、フロリダでは、このエリアが『ザ・シンプソンズ・ライド』の代わりになる。このライドには、マリオカートのアトラクションと同様に、拡張現実(Augmented Reality)が組み込まれると予想されている。

当初の報道では、ポケモンランドの完成は2030年とされていたが、ザ・シンプソンズ・ライドが閉鎖されるという最近の憶測から、もっと早く見られる可能性もある。

アトラクションの建設が噂されているもうひとつのコンセプトは、アイランズ・オブ・アドベンチャーの『ゼルダの伝説』だ。シアターショーやボートに乗って吊り下げ式のダークライドに変身するなどの初期コンセプトは承認されなかったが、噂ではロストコンチネント・セクションの代替の可能性を示唆している。『ポセイドンの怒り』や『シンドバッドの8回目の航海』などのアトラクションが閉鎖されたため、このエリアは未使用のままだ。ゼルダの伝説ランドには、屋内ボートライドのコンセプトや、デクの樹をテーマにしたレストランのリニューアルなどが考えられている。正式な取り壊し計画はないものの、憶測ではゼルダをテーマにしたアトラクションのオープン時期は2027年とされている。

最後に、有力な噂によると、スーパーニンテンドーワールド内にルイージマンションをテーマにしたミニランドができるようだ。スーパー・ニンテンドーワールドとダーク・ユニバースの間に位置し、メインの中庭からワープ・パイプを通ってユニークなエントリーができるかもしれない。提案されているルイージマンションのダークライドは、インタラクティブなシューティングゲームでお化け屋敷の部屋をナビゲートする、没入感のある体験を提供すると予想されている。ミニランドには、平らな乗り物や屋敷をテーマにしたレストランが含まれる可能性がある。オープン日は不明。

詳細はすべて噂に基づくものだが、ユニバーサル・オーランドは任天堂とポケモンのフランチャイズがフィーチャーされる可能性があり、エキサイティングな6年間になりそうだ。


関連リンク



日本以上にバラエティに富んだものになる可能性を指摘していて、その辺は期待が高まりそうですね。エンターテイメントにおいて、本場という意味では海外のほうが上ですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment