ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Suicide Squad: Kill the Justice League』が発表されて以来、Rocksteady StudiosはついにPC版のシステム要件をアナウンスへ



『Suicide Squad: Kill the Justice League』が発表されて以来、Rocksteady StudiosはついにPC版のシステム要件をアナウンスへとしていて、発売が間近に迫っているので、それに伴った発表になっていて、どの程度なのかですね。


『Suicide Squad: Kill the Justice League』が発表されて以来、誰もが注目してきた。発売まであと少しとなった今、Rocksteady StudiosはついにPC版のシステム要件をTwitterで公開した。スペックシートは最低、推奨、超の3つのカテゴリーに分かれている。これらの異なる選択肢は、すべてのPCプレイヤーのニーズにマッチしている。

最小要件は、最もまともなリグで最高のパフォーマンスを発揮する。しかし、もちろんそれには代償が伴う。1080pで30fpsを楽しめるのは、Nvidia GTX 1070またはAMD Radeon RX Vega 56のみ。Suicide Squadを動かすには、少なくともIntel i5-8400KかAMD Ryzen 5 1600のCPUが必要だ Suicide Squad: Kill the Justice League を最低のビジュアルとゲームプレイ品質で動作させるには、Intel i5-8400KまたはAMD Ryzen 5 1600以上のCPUが必要です。

推奨システムスペックは、この作品を1440pでスムーズな60fpsで動作させるために必要なGPUとCPUを引き上げる。少なくともIntel i7-9700KまたはAMD Ryzen 7 5800X3Dを確保しよう。GPU要件も顕著に大きく跳ね上がり、Nvidia RTX 2080またはAMD RX6800 XTが必要だ。

Suicide Squad: Kill the Justice League で4K、60fpsを楽しむには、Intel i7-12700KまたはAMD Ryzen 7 7800X3D CPUが必要です。GPUには、Nvidia RTX 3080またはAMD RX 7900 XTが必要です。また、すべての仕様において、少なくとも16GBのRAMとSSDストレージが必要です。

ネット上では、RTX 4000シリーズのGPUが最大のパフォーマンスとクオリティに必要ないことを保証した開発者を称賛するユーザーもいる。『ホグワーツ・レガシー』や『Forspoken』など、数多くのAAA作品がPCシステム要件の限界を超え始めている。しかし、他の多くの作品に比べれば、WB Gamesの今度のタイトルはまだかなり妥当な要求である。

『Suicide Squad: Kill the Justice League 』は2024年2月2日、PlayStation 5、PC、Xbox Series S、Xbox Series X向けに発売される。ご存じない方も多いかもしれないが、このアクションシューターには議論を呼ぶライブサービス要素や、プレイヤーを何年も没頭させるシーズンが含まれていると思われる。先日、クローズド・アルファテストにまつわるNDAが解除された。しかし、テスターの多くは、様々な大手メディアからの平凡なレビューにもかかわらず、このゲームについて素晴らしいことしか言わなかった。


関連リンク



スペック的には妥当といえる部類になるゲームといえそうで、その辺はゲームPCを追いかけている人ならば対応出来る範囲といえそうですね。16GBにアップグレードしている人も多いでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment