ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

海外の綿密な調査により、モバイルゲーム市場全体の価値が2032年までに2700億ドルという驚異的な高水準に達する可能性があることが明らかに



海外の綿密な調査により、モバイルゲーム市場全体の価値が2032年までに2700億ドルという驚異的な高水準に達する可能性があることが明らかにとしていて、どのような可能性を指摘していて、どんな広がりがあるのかといえそうですね。


アライドマーケットリサーチチームが発表した綿密な調査により、モバイルゲーム市場全体の価値が2032年までに2700億ドルという驚異的な高水準に達する可能性があることが明らかになった。

2022年、モバイルゲーム産業は906億ドルという途方もない金額を生み出し、10年後には年平均成長率11.7%でほぼ3000億ドルの高みに到達することが明らかになった。

モバイルゲームはなぜそんなに価値があるのか?
モバイル・ゲーム産業の価値の大半は、そのアクセスの良さに起因している。

世界中のどのプラットフォームよりも多くのゲーマーがモバイルデバイスでプレイしており、技術が進歩するにつれて、そのアクセスのしやすさは壮大な進化を遂げつつある。

最近では、大ヒットしたAAAタイトルを携帯電話やタブレットでプレイできる。

多くのモバイルゲームは無料でプレイできるが、『フリーミアム』やマイクロトランザクションを利用した運営モデルを誇っている。

プレイヤーはボタンを押すだけで、ゲーム内でクレジットやそれに類するものをブーストするパックを購入できる。

トップクラスのモバイルゲームの開発には、プレイヤーが何度もプレイしたくなるような、中毒性のあるゲームにするために多くの努力が払われている。

その他にも、モバイルプラットフォームで開催されるesportsゲームの数が急増している。

ここ数年で、 『PUBG Mobile』や『Mobile Legends: Bang Bang』のようなモバイルベースのゲームは、ここ数年で数千万人のプレイヤーを動員し、競技ゲーム業界全体の視聴者数の記録を塗り替えた。

Allied Market Researchが発表したレポートでは、ARとVR技術の開発が進んでいることも、モバイルゲーム全体の価値に貢献していることが示唆されている。

381ページの怪物レポートでは、モバイルゲームだけで世界のゲーム市場の収益の4分の1以上を占めていることが強調されている。

モバイルゲームの勢いはまだまだ衰えそうにない。

もし新作が欲しくてたまらないのなら、拠点構築要素のある戦略特化型ゾンビサバイバルゲーム『State of Survival』を試してみてはいかがだろう。


関連リンク



若い世代はちょっとした空き時間でもスマホゲーをするのが当たり前になっていますよね。その辺は世代間格差がある部分でもあるので、これが更に広がりを見せるという意味合いでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment