ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

XBOXが心配の必要がない理由という海外コラムが掲載へ



XBOXが心配の必要がない理由という海外コラムが掲載へとしていて、どのような見解と立場的な意味合いを指摘しているのかというものであって、コンソール機を辞めてしまうのではないかという危惧に対しても見立てているようですね。


最近、ソーシャルメディアやコミュニティエリアでは、Xboxが後れを取っており、Microsoftのゲーム部門が最終的にビデオゲームコンソールの製造を完全にやめ、代わりにサードパーティのゲームのパブリッシングとストリーミングに力を注ぐ可能性があるという話が多くなっています。あなたがXboxの純血で、その会話のトピックが最近あなたを心配しているなら、あなたは本当に、本当に心配するべきではないことを今あなたに言わせてください。その理由はこうだ

Xbox は Microsoft が所有しています
これは当たり前で不自然に思えるかもしれませんが、本当です。マイクロソフトは全世界で最大の企業の1つであり、以前は最大であり、これは、ゲーム分野での最大の競争相手であるソニーや任天堂とは異なり、ばかげた想像を絶する金額の現金を持っていることを意味します。つまり、Xboxが最近悪くなったとしても、業界としてMicrosoftに収益をもたらしている限り(それは事実であり、通常は多額の資金である)、大物はXboxを支持し、支援し続けるだろう

コンソールは転換期を迎えています
最大の懸念の1つは、Xboxコンソールが発売される可能性があることです。まず第一に、XboxがXbox Game Pass 市場からあまりにも多くの現金をかき集めて、それを実現させているという理由だけで、すぐには実現しないでしょう。
第二に、私たちが知っているコンソールは、今後5年から10年の間に、全体として現在とは大きく異なるものになる可能性が高いです。なぜでしょうか。テクノロジーが発展し、変化するにつれて、コンソールスペースもそれにどのように適応しているかを目の当たりにしています。エンターテインメントはかつてないほど大きくなり、クラウドストリーミングは成長と拡大を続けており、近い将来、それがゲームをプレイするための主要な方法になるかもしれません。つまり、定義されたコンソールがなく、インターネットを介してテレビでゲームをストリーミングします。

基本的に、Xboxがコンソールゲーム部門の頭に弾丸を撃ち込むことを決定した場合、おそらくソニーがすぐに同様のことをし、おそらく任天堂もその後に同様のことをすることが期待できます(ただし、任天堂は少し悪徳オペレーターであるため、その会社に関しては何が起こるかわかりません)。

ストリーミングとサブスクリプションは未来であり、Xboxはすでに比喩的なボールを万力で持っています
クラウドストリーミングとゲームサブスクリプションサービスは、この業界の未来です。少なくとも今後10年くらいは。Xboxは、これらの分野に事前に投資し、莫大な金額とリソースを投資してきました。Game Passは大成功を収めており、莫大な金額を生み出しているようです。xCloudは改良を続けており、日々使い勝手が高まっています>#10
ソニーと任天堂は、Xboxをコンソールの考え方でヘッドロックしている可能性があり、実際には、他のコンソールメーカーが数年前にXboxを窒息させて生き埋めにしたが、Xboxはストリーミングとサブスクリプションサービスに関しては両方を持っている。

アクティビジョンブリザード。もう十分だ。
680億ドルを費やし、法廷で戦うために弁護士を雇う数え切れないほどの日数とリソースを費やし、そのすべてを世界最大のサードパーティーゲームパブリッシャーに任せて、ゲーム界の脚光を浴びることは決してありません

この買収は、この業界に対するMicrosoftの大規模で膨らんだ驚くべき意向書です。それはすぐにはどこにも行かず、実際、私に言わせれば、約10年間苦戦し、競争相手に負けた後、Microsoftは大規模な復活と形への復帰に向けて準備を整えています。上で述べたように、それはおそらくコンソールの売上には結びつかないだろうが、Microsoftのゲーム収益源の他のすべてのセクターは、この巨大企業がテクノロジーの巨人に適切に組み込まれるのを見ると、間違いなく活況を呈し始めるだろう

Xboxが問題ない理由については、他にも多くの理由があります。たとえば、Xbox Game Studios は巨大であり、Xbox がファースト パーティ パブリッシャーから離れることでこの可能性を制限する方法はありません。マイクロソフトは事実上、この業界の主要株主であり、ゲームは繁栄と成長を続けているため、巨大企業は収益のためにゲームを利用し続けるでしょう。確かに、今後数年間はファーストパーティの制作に関して少し安定し続けるかもしれませんが、パイプラインがより安定すれば、MicrosoftとXboxは巨人であり、競争相手としての絶対的な巨人になるでしょう。未来はおそらく非常にグリーンです。



XBOXは心配がいらない理由という題名でのコラムですが、説得力がある内容かどうかという話ですね。大型買収も成立して、やっとここからが勝負かという所になりそうですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment