ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

初代ミッキーマウスの著作権切れを待って制作されているインディーゲーム『Infestation: Origins』が各方面で話題、ミッキーの扱われ方とそのアプローチとは?



初代ミッキーマウスの著作権切れを待って制作されているインディーゲーム『Infestation: Origins』が各方面で話題、ミッキーの扱われ方とそのアプローチとは?としていて、他にもこうしたメーカーが続く可能性は大いにありますね。


1月2日、新興のインディディベロッパーであるNightmare Forge Gamesは、初代ミッキーマウスのような敵の排除を目指すCo-op型サバイバルホラー『Infestation: Origins』を発表した。

 2023年にも映画やゲームの界隈で話題を集めた人気キャラクターのパブリックドメイン化。今回発表となった『Infestation: Origins』も、初代ミッキーマウスの著作権切れを受け、同キャラクターを主要登場人物に抜擢した形だ。

 なぜ誰もが知る人気キャラクターたちは敵役となって二次利用されるのか。類似する作品との共通項から、その理由と今後を考えていく。

初代ミッキーマウスのような敵と戦うCo-op型サバイバルホラー『Infestation: Origins』

 いまや誰もが知る人気アイコンであるミッキーマウスは、1928年にアメリカで誕生した。当初は「ミッキーマウス」という名がつけられたIPではなく、ウォルト・ディズニーの制作した短編映画『蒸気船ウィリー』のいち登場人物だった。

 1998年に改定されたアメリカの著作権法では、その保護期間が95年に設定されている。そのため、2023年末で同キャラクター(上記作品に登場するミッキーマウス)の著作権の有効期間が切れ、パブリックドメインとしてさまざまな形での二次利用が認められた形だ。

 そうした状況を背景に生まれたのが、今回話題となっている『Infestation: Origins』である。同タイトルには、初代ミッキーマウスを彷彿とさせるキャラクターが敵役として登場する。気になるゲーム性は、さまざまな装備を駆使し、各ステージに現れる初代ミッキーマウスのような造形を持った謎の侵入者を排除するというもの。ソロプレイはもちろん、最大4人によるオンライン協力プレイにも対応するサバイバルホラーゲームとなっている。

 『Infestation: Origins』が発表されたのは、2024年1月2日のこと。まだ10日ほど前の出来事だが、その目新しさからさっそくメディアなどに取り上げられ、広く知られることとなった。当初は『Infestation 88』というタイトルだったが、「88」という表現がナチスを想起させるとの意見が寄せられ、現在の名前へと変更されている。

 開発を担当するのは、Nightmare Forge Games。公式サイトによると、2010年以降ホラーゲームの制作に特化してきたベテランチームだという。インディースタジオとして発足し、現在の社名となってからはまだ日が浅いようで、主だった制作歴は明かされていない。『Infestation: Origins』が彼らにとって最初のポートフォリオとなっていくのだろう。

 『Infestation: Origins』は、2024年内に早期アクセスで配信される予定。対応プラットフォームは、PC(Steam)のみとなっている。


関連リンク



初代ミッキーマウスの著作権切れを見越して制作されていたものですよね。異質でブラックなミッキーは衝撃を受ける人もいそうで、コンソール版は予定していないのが残念ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment