ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

DICEは、『バトルフィールド 2042』シーズン7を2024年3月まで延期するが、従来の1マップではなく、2つの新マップを追加すると発表へ



DICEは、『バトルフィールド 2042』シーズン7を2024年3月まで延期するが、従来の1マップではなく、2つの新マップを追加すると発表へとしていて、何がどのようになるのかというのを告知しているもののようですね。


DICEは、『バトルフィールド 2042』シーズン7を2024年3月まで延期するが、従来の1マップではなく、2つの新マップを追加すると発表した。

2つのマップが追加されるというニュースに加え、新たに2つの大型アップデートが配信されることも発表された。

1月30日にはアップデート3.3が配信され、『Quality of Lifeの改善』として『Portal Sqaud Spectator Modifier』と『マップローテーションの改善』が含まれる。

2月20日にはアップデート6.4が予定されており、『Persistent Servers Update』、『Aircraft Impact Improvements』、『Vehicle Gunner Direction HUD』などが含まれる。

バトルフィールドが公開したプロモーション資料に掲載されている新マップの1つには、チリを舞台にしたマップが描かれている。

一見すると、『バトルフィールド 2042』に2つの新マップが追加されるというニュースは食欲をそそるように思えるが、シーズン7の延期によって、本来シーズン8となるはずのリリースが間近に迫っており、プレイヤーはいずれにせよ2つの新マップをプレイできたことになる。

シーズン7の延期により、プレイヤーは8ヶ月間マップの新コンテンツを入手できなかったことになる。

DICEチームは現在、『バトルフィールド』フランチャイズの次回作に取り組んでおり、Insider Gamingによると、プリプロダクションやコンセプトの段階を超えたという。

2023年10月、『バトルフィールド 2042』はSteamで過去最高のプレイヤー数を記録し、同時接続プレイヤー数は10万人を超えた。


関連リンク



シーズン7の延期によって、色々と変更があるようですね。その辺は遊んでいる人は特に注目するべき内容といえそうですね。プレイヤー数は10万人を超えて高い人気を維持していますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment