ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

知名度の高い任天堂のファーストパーティゲームの多くが、少なくとも北米では絶版になっているらしい



知名度の高い任天堂のファーストパーティゲームの多くが、少なくとも北米では絶版になっているらしいとしていて、その理由とは?というものであって、その辺はスイッチ2に関連性があるかどうかと示唆していますね。


知名度の高い任天堂のファーストパーティゲームの多くが、少なくとも北米では絶版になっているようだ。このニュースはNintendealによって発見されたもので、いくつかの小売店では以下のリストアップされたゲームが在庫から取り除かれている。

なぜこのようなことが起きているのかは不明だが、ニンテンドースイッチの後継機が発売されると思われることから、ニンテンドーセレクトタイトルとして導入される可能性もあるようだ。


Paper Mario: The Origami King
Donkey Kong Country: Tropical Freeze
The Legend of Zelda: Link’s Awakening (2019)
Pikmin 3 Deluxe
Metroid Dread
Kirby Star Allies
Xenoblade Chronicles 2
New Super Mario Bros. U Deluxe
Fire Emblem: Three Houses
Fire Emblem: Engage
Yoshi’s Crafted World
WarioWare: Get it Together!
Nintendo Switch Sports
Super Mario Odyssey
Splatoon 2
Super Mario Maker 2
Mario Strikers: Battle League


関連リンク



日本はともかく、少なくとも海外ではこのような動きが始まっているとしていて、在庫が廃盤になっているらしいという事ですね。スイッチ2に向けてという事であれば互換性なども気になりますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment