ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

オーストラリアのレーティング委員会で、今回は、PS4、Nintendo Switch、Xbox One向けの『Hi-Fi Rush』のレーティングが発見される



オーストラリアのレーティング委員会で、今回は、PS4、Nintendo Switch、Xbox One向けの『Hi-Fi Rush』のレーティングが発見されるとしていて、これで発売はかなり濃厚となったと見ていいものであって、ファーストタイトルの進出になりますね。


オーストラリアのレーティング委員会は長年にわたり、公式発表に先駆けて多くのビデオゲームをリークしてきたが、今回もまたそれが起こったようだ。今回は、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One向けの『Hi-Fi Rush』のレーティングが発見された。このゲームは2022年1月にXboxシリーズX|S独占でリリースされ、今月初めにはSwitch版の噂が流れ始めた。レーティングは『Project2022A』と記載されており、ウェブサイトFinalWeapon.netによって発見された。

このレーティングは『Hi-Fi Rush』がより広い範囲でリリースされることを示す最良の証拠ではあるが、公式発表があるまでは多いなる噂に見てほしい。マルチプラットフォームでのリリースは非常に理にかなったもので、『Hi-Fi Rush』は昨年から高い評価を得ており、先月のゲームアワードでは最優秀オーディオデザイン賞を受賞している。にもかかわらず、Giant BombのJeff Grubb氏は昨年、『Hi-Fi Rush』は 『必要な収益を上げられなかった 』と報告している。このゲームを追加プラットフォームで発売すれば、より多くのプレイヤーにHi-Fi Rushのすべてを体験してもらえるだけでなく、マイクロソフトがこのゲームの開発費を回収する助けにもなるだろう。

Hi-Fi Rushは、昨年1月のXbox Developer Directでサプライズ発表された。このゲームは同日、Microsoft StoreとXbox Game Passの両方でシャドードロップされました。現時点では、Hi-Fi RushはXbox Oneではリリースされていませんが、Xbox Cloud Gamingを通じてXbox Oneでプレイ可能です。Australian Ratings Boardの新しいリストが信頼できるものであれば、Game Passのサブスクリプションを支払うことなくXbox Oneでゲームが利用可能になるのは今回が初めてとなる。

Hi-Fi Rushは、『 Ghostwire: Tokyo』や『The Evil Within』シリーズを手掛けたTango Gameworksが開発した。それだけに、今回の発表は意外なものだった。Hi-Fi Rushは、ホラー・ジャンルのゲーム制作で知られるスタジオとしては非常に珍しいゲームに思えたからだ。

『Hi-Fi Rush』のマルチプラットフォーム化の噂は、Xbox独占ゲームのあり方についてネット上で議論を巻き起こした。マイクロソフトのゲームがプレイステーションや任天堂のシステムで発売されるのはこれが初めてではないが、一部のXboxユーザーは、このゲームがプラットフォームの長期的な魅力に与える影響を心配している。Windows Centralの最近のレポートによると、マイクロソフトはいくつかの大作ゲームをXbox独占にする計画を持っているが、そうすることに意味がある場合は、他のプラットフォームにも小さなゲームを提供するようだ。マイクロソフトのゲームの中には、マルチプラットフォーム化によって成功を収めたものもあることを考えると、財政的な観点からも非常に理にかなっている!


関連リンク



PS4、XBOXOne、スイッチと下位プラットフォームでの発売がレーティングで判明したことで、可能性はかなり濃厚とみていいですね。こうした柔軟な発想が出来るのはいいですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment