ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

343 Industriesが2022年4月からHaloの新プロジェクトに取り組んでいることを示唆する2つの異なる仕事内容をLinkedInで発見へ



Redditの鋭い目を持つユーザーQuelanight2324は、343 Industriesが2022年4月からHaloの新プロジェクトに取り組んでいることを示唆する2つの異なる仕事内容をLinkedInで発見としていて、どのような記述で見つかったのかという話ですね。


Redditの鋭い目を持つユーザーQuelanight2324は、343 Industriesが2022年4月からHaloの新プロジェクトに取り組んでいることを示唆する2つの異なる仕事内容をLinkedInで発見した。

最初のヒントは、すでにHaloの過去作に携わっているJustin Dinges氏に関するものだ。

Justin Dinges氏は『Halo 4』と『Halo 5』で環境アーティストを務め、続編を重ねるごとに責任ある仕事を任されるようになった。

最終的に『Halo Infinite』ではゲームディレクターを務めた。

Dingesのプロフィールには現在、2022年4月から2023年3月にかけてアートディレクターとして『Haloの次の未発表リリースに携わった』と書かれている。

Quelanight2324が発見した2つ目の仕事内容は、Ian Slutz氏を指している。

彼らは2019年から343 Industriesのシニアキャラクターシステムデザイナーを務めている。

彼らの仕事内容には、『Unreal Engine 5におけるプレイヤーシステムとアセット』の仕事について言及されている。

これは『Halo』新作について直接言及しているわけではない。しかし、Haloの次回作はアンリアル・エンジン5で作られると予想されている。

そのアプローチについては、2023年10月、ゲームポッドキャスト SG Bitcast のエピソードで言及されています。

同サイトの編集長Ains氏は、あるチームが『Unrealで次世代Haloを開発している』と言及しています。

つまりこれは、Ian Slutz 氏が同タイトルの UE5 構成に積極的に取り組んでいることを意味しているのかもしれません。

『Halo Infinite』は、強力なマルチプレイヤーのロンチで幕を開けたが、一部のファンにとってはすぐに飽きられてしまった。

ゲーム本編には必要不可欠な機能がいくつか欠けており、期待に追いつくのに時間がかかった。

343 Industriesが新作でより包括的な立ち上げに時間をかけてくれることを期待したい。

いずれにせよ、『Halo』フランチャイズとそのファン層はうまくやっている。

実写シリーズは続々と公開され、マンティック・ゲームズは『Halo』の新作ボードゲームまで発表した。


関連リンク



HALO関連の何かに取り組んでいる可能性が高いとしていて、その可能性を示唆させていますね。結果敵にいつどのタイミングでこれら作品が明らかになるのか、それともならないのかですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment