ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

デベロッパーのMassive MonsterとパブリッシャーのDevolver Digitalは、ローグライトタイトル『Cult of the Lamb』の販売本数が350万本を突破したと発表へ

;

デベロッパーのMassive MonsterとパブリッシャーのDevolver Digitalは、ローグライトタイトル『Cult of the Lamb』の販売本数が350万本を突破したと発表へとしていて、インディーゲーでここまでヒットしたらかなりいい線ではないかという話ですね。


デベロッパーのMassive MonsterとパブリッシャーのDevolver Digitalは、ローグライトタイトル『Cult of the Lamb』の販売本数が350万本を突破したと発表した。このマイルストーンは、同ゲームの次期アップデート『Sins of the Flesh』の詳細とともに発表された。

2022年に発売された『Cult of the Lamb』の販売本数は、見事な節目を迎えた。その背景として、このゲームは発売週で100万本を売り上げ、発売時にはすでにかなりの人気があることが証明されていた。

発売以来、スタジオは『Cult of the Lamb』の継続的なサポートに取り組んでおり、他ゲームとのコラボレーションや新たなゲームプレイメカニクスの追加など、タイトルに大きな新機能をもたらすアップデートを数多くリリースしている。

『Cult of the Lamb」の次の大型アップデート『Sins of the Flesh』では、新たな進行システム、新たな建築オプション、長距離狙撃ゲームプレイと近距離バースト攻撃をミックスした新武器『Blunderbuss』など、多数の新機能が追加される予定だ。アップデートは1月16日に実施される。

Cult of the LambはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X/S、Nintendo Switch、PCで発売されている。


関連リンク



インディータイトルでここまで成功したら次にも期待が高まるでしょうね。ロンチで100万本を売り上げているとしていて、その出来の良さが伝わっていたのを感じさせますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment