ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Appleはバーチャルリアリティゲームに参入し、2月2日にVision Proを発売、そのお値段が3500ドルとかなりの高額商品に



Appleはバーチャルリアリティゲームに参入し、2月2日にVision Proを発売、そのお値段が3500ドルとかなりの高額商品にとしていて、これは誰かが人柱になるんでしょうが、それだけ魅力が詰まっているのかどうかですね。


アップルにとってその年最大の話題といえば、やはり新型iPhoneの発表だろう。最新モデルを手に入れなければならない人たちが、開店前のアップルストアの前に行列を作り、1,000ドル以上のお金を出して最新のiPhoneをいち早く手に入れようと躍起になる日だ。しかし、2024年は少し違う。Appleはバーチャルリアリティゲームに参入し、2月2日にVision Proを発売する。

Appleは本日、プレスリリースでVision Proが2月2日に発売されることを明らかにした。それ以前にいち早くVision Proを手に入れたい方は、1月19日午前9時(米国東部標準時間)から予約注文を受け付けている。予約注文をする前に、あるいは街に出かけて手に入れる前に、Vision Proの価格を覚えておいてほしい。

アップルが昨年Vision Proを発表したとき、多くの人にとって、その高額な価格が最大の注目点だった。このヘッドセットの価格は3,499ドルで、現在市場に出回っている他のVRヘッドセットよりもかなり高い。Meta Quest 3やPS VR2の7倍以上である。後者は発売初年度に高価格で非難を浴びたが、付属のゲームライブラリーがなかったことと、使用するにはPS5も所有する必要があったことが主な原因だ。

Apple Vision ProはVRゲームのライブラリに依存しないが、それが良いことなのか悪いことなのかはまだ決めかねている。PS VR 2やMetaのヘッドセットとは異なり、Vision Proはビデオゲームをプレイするためのデバイスとして販売されているわけではない。もちろん、Apple Arcadeでゲームをプレイするために使用することはできるが、クリエイターたちは、このヘッドセットがもっと多くのことに使用できることを明らかにしようとしている。映画を見たり、デバイスに保存された思い出を追体験したり、あるいは周囲の環境を変えてまったく別の場所にいるような感覚を味わうために使うこともできる。

Vision Proがアップルの宣伝文句に見合うかどうかを確認するために、どれだけの人が3,500ドル近くを手放したいと思うのか、またそのような人たちから話を聞き、他の人たちにお金を払う価値があると納得させることができるのか、さらに興味深い。もしあなたがその一人なら、1月19日からビジョン・プロを予約注文し、2月2日に初めて使うことができる。


関連リンク



かなり高額な製品で興味本位で買える人はお金持ち位ですね。それともかアップル信者かという話であって、これは買った人の話を聞いてみたいのは確かですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment