ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2013年にリリースされたGTA5がついにスマホで滑らかな動作をして移植された事が明らかに



2013年にリリースされたGTA5がついにスマホで滑らかな動作をして移植された事が明らかにとしていて、昨今のモバイル向けチップの進化が著しいもののようで、この世代のゲームは動く事が証明されているみたいですね。


新年はAndroidエミュレーション・コミュニティとGTA 5ファンにとって大きな成果で幕を開けた。ロックスター・ゲームスによるこのオープンワールド作品が、エミュレーションの力でついにスマホでもプレイできるようになったのだ。3日前にRedditで発見されたように、Snapdragon 870を搭載したPoco F3フォンで、90%以上のRAMオーバーロードに達しながら、25~30FPSのスムーズな動作が可能だった。これはPS3版のゲームとほぼ同じFPSだ。

Snapdragon 870でのエミュレーション性能に驚かれるかもしれないが、比較的最近のSD 7+ Gen 2はすでにGTA 5を40~50FPSでスムーズに実行できる。この偉業は、前述のフォーラムのRedditorによってテストされた。しかし、Android携帯でこのタイトルをエミュレートするには、あるハードルをクリアする必要がある。ネイティブ版でWine esyncを動作させるにはroot化する必要があるが、この前提条件は将来的に削除される可能性がある。

とはいえ、この偉業はコミュニティによっていつかは実現すると予測されていた。今後、エミュレーションのプロセスが容易になれば、多くのAndroidゲーマーがGTA 5をエミュレートすると予想される。最近のデバイスは、これまで見てきたように、それほど苦労することなく、すでに60FPS近くに達することができる。

外出先でGTA 5をプレイするのはもうすぐ簡単になる。ロックスター・ゲームスとテイクツーが今回の事態にどう反応するかは不明だ。しかし、ゲームの違法バージョンが使用された場合、法的措置が取られる可能性はある。また、関連するソフトウェアやファイルをインストールする際には、携帯電話に注意を払うことをお勧めする。

『GTA 5』は2013年9月17日、プレイステーション3とXbox 360向けに登場し、高い評価を得た。2015年にはPC版も発売され、その後、前世代機と現行機が発売され、それぞれのバージョンで大きなアップグレードが行われた。最近、ロックスター・ゲームスは続編『GTA 6』の最初のトレイラーも公開した。ただし、PC版の発売日は未定だ。


関連リンク



基本的なスマホのスペックはもうスイッチ以上なので、このような話が舞い込んできたというものですね。それだけモバイルチップも進化しており、PS3ソフトがらくらく動くようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment