ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ソニーの新しい特許は、プレイヤーがダウンロード中にゲームに夢中になることを可能にし、大きなインストールを分割することを可能にする可能性を示唆



ソニーの新しい特許は、プレイヤーがダウンロード中にゲームに夢中になることを可能にし、大きなインストールを分割することを可能にする可能性を示唆、その内容とは?としていて、どのようなものであって、そしてそれがどれだけの恩恵があるか?


ソニーの新しい特許は、プレイヤーがダウンロード中にゲームに夢中になることを可能にし、大きなインストールを分割することを可能にするかもしれない。この特許は、発売日に長い待ち時間が発生する代わりに、できるだけ早くゲームをプレイしてもらうことに重点を置いている。

この特許は昨年8月に申請されたが、最近VeryAli Gamingによって発見され、NeoGAFで議論された。これは、ゲームの序盤をプレイしながら残りの部分をインストールすることができる既存のシステムとは異なり、ダウンロード全体を塊に分け、ゲームの進行に合わせて各パートを『目立たないように』インストールし、各パートをクリアするのにかかる時間を予測するというものだ。

これが実際にどのような意味を持つのかは不明だが、もしこれがゲームをずっと早く始められ、バックグラウンドで行われているインストールの残りにほとんど気づかないことを意味するのであれば、ゲームチェンジャーとなるだろう。近年、私たちは新しいタイトルを手にするとすぐにゲームやパッチがインストールされるのを何時間も待つことに慣れてしまっているだけだが、これが意図したとおりに機能すれば、もっと早く起動してプレイできるようになるかもしれない。

ダウンロードの『チャンク』ごとに『プレイタイム情報』が用意され、プレイヤーが次の『チャンク』に進むまでにかかる時間がおおよそわかるようだ。うまくいけば、必要な部分に優先順位をつけることができる。今のところ、ゲームはインストール中に非常に限られたアクセスしかできないことが多く、ゲームの残りの部分のダウンロードが終わるまで待つように要求されるレンガの壁にぶつかるのに時間はかからない。

この特許はエキサイティングではあるが、ソニーがこの技術をどのように実装するかはわからない。既存のPlayStation 5のアップデートで可能になるのか、それともまったく新しいハードウェアが必要になるのかはわからない。しかし、ソニーが待ち時間を短縮する方法を検討していることは確かだ。

ソニーはこの特許について公式にはコメントしていないため、今のところはこれがすべてだ。当面は、メインメニューにたどり着くまでにゲームの大半がインストールされるまで待たされることの多い、現在の非常に制限されたシステムから抜け出せない。ソニーがこの技術をいつ(あるいはいつ)展開するつもりなのかは定かではない。


関連リンク



実現したらゲームチェンジャーになるとしており、その可能性を感じさせるものになっていますね。しかし、特許イコール実現かというものでもないので、その辺はPS5で始まるものなのかどうか?

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment