ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

アナリストの一般的なコンセンサスでは、『グランド・セフト・オート6』は発売初年度に数千万本を売り上げ、30億ドル近い収益を上げる可能性と試算へ



アナリストの一般的なコンセンサスでは、『グランド・セフト・オート6』は発売初年度に数千万本を売り上げ、30億ドル近い収益を上げる可能性と試算へとしていて、更にその金額を跳ね上げる要素もありえそうだとしており、その辺もどうかですね。


アナリストの一般的なコンセンサスでは、『グランド・セフト・オート6』は発売初年度に数千万本を売り上げ、30億ドル近い収益を上げる可能性がある。

GTA 6は、過去10年間で最も期待されたゲームになる準備を進めている。ロックスターは、わずか2日間で再生回数1億2200万回を突破した爆発的なトレーラーで、このゲームを正式に発表した。ゲーマーは今すぐプレイしたいが、待つしかない。GTA 6は2025年まで登場しない。

インタラクティブ・エンターテインメント分野のアナリストたちは、GTA 6の予想パフォーマンスに合わせてモデルを更新し、テイクツーの予告された業績予想にその予測を当てはめようと躍起になっている。ビデオゲーム業界の専門家であるJoost van Dreunen氏が様々なレポートを引用しているところによると、アナリストたちは『GTA 6』が発売されてから12ヶ月で約3,800万本売れると予想している。

もしGTA 6が69.99ドルで販売されれば、プレイステーション5とXboxシリーズX/Sのタイトルであるため、そうなるはずだが、ゲーム本編の売上だけで12カ月で27億ドルもの売上になる。

これは、少なくともテイクツー・インタラクティブとロックスター・ゲームスがGTA 5の最初の12カ月間の販売と収益化を通じて認識した収益という点では、GTA 5の最初の1年間の業績を10億ドル以上上回ることになる。

参考までに、『GTA 5』の第1四半期の売上は14億9200万ドル、最初の12カ月で合計16億5800万ドルだった。

『GTA 6』が独自の『グランド・セフト・オート・オンライン』モードを搭載して発売される可能性はあり、そうであれば、この金額よりも数億ドル多く稼ぎ、『GTA 6』全体の年間売上が30億ドルに達する可能性もある。

過去の記録によれば、GTAオンラインは四半期ベースで定期的に1億5000万ドル以上を売り上げており、GTAフランチャイズの総収益はGTA三部作のリマスターがリリースされた22年度第3四半期に記録的な3億1000万ドルに達した。


関連リンク



GTA6はやはりモンスター級の売れゆきになる見通しを試算していて、それだけに売り上げも巨額になる見通しを示していますね。更に独自のオンライン要素があれば更に跳ね上がる可能性もあるようですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment