ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

カプコンは『バイオハザード4』以降も『バイオハザード』のリメイク作品を発売することを明らかに(リライト記事)



カプコンは『バイオハザード4』以降も『バイオハザード』のリメイク作品を発売することを明らかに(リライト記事)この先もリメイクが続くとして、それが一体何になるのかというのは話題を集めそうな出来事といえそうですね。


カプコンは『バイオハザード4』以降も『バイオハザード』のリメイク作品を発売することを明らかにした。これは、最初の3つのリメイクが大成功を収めたことを受け、カプコンがこのトレンドを維持し、より多くの旧作を復活させることを促したものだ。

次回作がどれかは明かされていないが、『バイオハザード5』か『バイオハザード コードベロニカ』であることは明らかだ。 カプコンは『バイオハザード3』から『バイオハザード4』へと直行したため、『コード:ベロニカ』はスキップされているが、リメイクがメインとなっている現在、スタジオがこの見過ごされがちなタイトルの再リリースに戻る可能性はある。

これはIGNのインタビューによるもので、『バイオハザード4』リメイクディレクターの安保康弘氏はスタジオのこの方向性を認めている。

『これまで3本のリメイクをリリースしてきたが、いずれも好評を博している』と安保氏は語る。『現代の観客がこれらのゲームをプレイできるようになるので、古いゲームが好きな人間としては嬉しいことですし、今後も続けていきたいと思っています。』

『バイオハザード4 リメイク』は、『バイオハザード3 リメイク』の約3年後に発売された。しかし、最初の2つのリメイクの間のギャップは1年強だったので、それが何であれ、次のゲームまでどれくらい待たなければならないかは明らかではない。

次はどんなゲームになるのか、安保氏は手がかりを与えてくれない。『今後どのようなゲームをリメイクするかは、今後発表したいと思いますので、楽しみにしていてください。』

現在、ファンの間では『バイオハザード5』が次にリメイクされるという説が有力だ。この説は、『バイオハザード4』の拡張版『Separate Ways』で予告されていたという話もあり、さらに有力になっている。コード: ベロニカファンには申し訳ないが、これはこれまでのリリーススケジュールに沿ったものだ。カプコンはスピンオフにはあまり興味がないようだ。しかし、同スタジオがリメイクに全力を注いでいることを考えると、作り直す旧作がなくなり、『コード:ベロニカ』に頼らざるを得なくなるかもしれない。 ただ、『バイオハザード5』よりも優先されるとは思わない方がよさそうだ。

カプコンがこの方式にこだわる理由は簡単だ。バイオハザード3』のリメイクは発売当初、その短さが非難を浴びたが、『バイオハザード2』と『バイオハザード4』のリメイクはファンにも批評家にも大好評だった。最新作はゲーム・アワードのゲーム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされており、『バルダーズゲート3』や『ゼルダの伝説 ティアーズオブキングダム』といった大作と肩を並べている。


関連リンク



バイオリメイクは続くとしており、それが5の可能性が有力としていますね。ベロニカは可能性は余りないようで、その辺はいつどのタイミングで明かされるのかですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク