ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ファイナルファンタジー7 リバース』の新たなESRBレーティングで、『剣で刺されたり斬りつけられたりするキャラクター』が登場することが確認



『ファイナルファンタジー7 リバース』の新たなESRBレーティングで、『剣で刺されたり斬りつけられたりするキャラクター』が登場することが確認としていて、誰かが犠牲になるのは間違いない話となってくるようですね。


スクウェア・エニックスがオリジナルを再構築する第2弾『ファイナルファンタジー7 リバース』の新たなESRBレーティングで、『剣で刺されたり斬りつけられたりするキャラクター』が登場することが確認された。オリジナルをプレイしたことがある人なら、それがなぜ重要なのかわかるだろう。そうでない人は・・・

オリジナル版『ファイナルファンタジー7』ネタバレが続きます。

『ファイナルファンタジー7』では、アイアースがクラウドを見上げたところにセフィロスが現れ、剣で突き刺されて死んでしまう。Rebirthはリイマジネーションなので、このESRBのセリフは必ずしも彼女の死をもう一度味わうことを意味しないが、27年後に同じように彼の手によって誰かが死ぬ可能性が高いことを意味する。

ファンの中には、彼女の代わりにティファが死ぬのではないかと推測する人もいるが、ゲームが発売されるまでは、推測するしかない。もしかしたらスクウェア・エニックスは、今回はエアリスではないと思わせて、そうなったときに油断させるつもりなのかもしれない。誰にもわからない。でも、誰かが刺されている。

興味深いことに、野村哲也氏はセフィロスが『Rebirth』の『主人公』だと語っている。もちろん、それは彼がヒーローだという意味ではない。ゲーム、映画、テレビ番組、本、その他あらゆる形のストーリーテリングでは、悪役の立場に立って、その悪行が展開されるのを見ることができる。しかし、彼の物語をもっと見て、彼の動機をもっと詳しく明らかにすることで、あの重要なシーンがより悲痛なものになるかもしれない。私たちがエアリスを突き刺すことにならないことを祈りましょう。

『ファイナルファンタジー7』とのタイアップ携帯ゲーム『エバー・クライシス』では最近、若きセフィロスの新章が追加された。彼の両親は誰なのか、彼は自分の両親を誰だと思っているのか、そして彼はどこから来たのか。

エアリスの代わりは誰でも務まるが、だからといって、ネット上で作家を理論や要望で追い回せというわけではない。野島一茂氏は先週、特定のキャラクターを俎上に載せることをファンに要求しないようツイッターで呼びかけた際、このことをはっきりと明言した。

『私はすべてのキャラクターに愛情を込めて書いています。どんな意見や考えを持つのも自由ですが、このキャラクターを消せとか、あのキャラクターを殺せとかいうメッセージを送るのはやめてください。ブロックやミュートはしたくないし、アカウントもロックしたくない。』

オリジナルのファイナルファンタジー7には登場しなかったにもかかわらず、スピンオフキャラクターが何人か登場する。ザック・フェアもその一人だ。そのため、原作をプレイしたからといって、今回誰が処刑されるかを予想できるとは限らない。


関連リンク



結局誰が死ぬのか?という論争になるのは避けられない話となってくるでしょうね。この突き刺さるという言葉がある以上、誰かが犠牲になる事を意味しており、その辺はどのような筋書きになるか?

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment