ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

増える『不具合を抱えたままリリースされるタイトル』その背景と問題点とは?



増える『不具合を抱えたままリリースされるタイトル』その背景と問題点とは?としていて、最近出たタイトルもそれが堅調にめだっており、それらのゲームは何故発売に踏み切らざる得なかったのかという話となりそうですね。


増える「不具合を抱えたままリリースされるタイトル」。その背景は?
 なぜ『Cities: Skylines II』と『ARK: Survival Ascended』は、こうした不具合を抱えたままリリースを迎えることになってしまったのか。そこには、開発難易度が増したことによる経済的・時間的コストの肥大化や、ユーザーがコンテンツを消費するスピードの高まりなどが影響しているように思う。

 昨今では、バグが見つかっても開発側がなかなか対処できず、解消が先送りにされるケースも増えてきた。そもそもプレイに支障が出るほどのバグが発生する頻度も、かつてに比べると多くなっている実感がある。たとえば、『ARK: Survival Evolved』では、リリースから長い時間が経過しているにもかかわらず、特にコンシューマー版において、処理落ちなどが放置されてきた。

 もちろんこうした状況の裏には、それらのタイトルが抱える開発環境・開発姿勢の問題もあるだろうが、一方で、どれだけ規模の大きなタイトルであっても、将来的な進捗が読めないなかで、しばらく先の発売時期をユーザーに向けて発信しなくてはならず、それによってパブリッシャーを含む制作側が、及第点まで体験の質を向上させることと、リリースを待つユーザーの期待とのあいだで板挟みになっている面もあるのではないか。バグと同様に、制作側が発売日を延期する例(そして、その理由として「さらなるクオリティアップのために~」という常套句を耳にする例)も増えてきている。

 これらの要素に鑑みると、『Cities: Skylines II』や『ARK: Survival Ascended』のように前作が成功してきた作品であっても、リリースの遅れが「コストの回収」と「ユーザーの期待に応じること」の両面で、致命的な問題となりかねない実情も見えてくる。PCプラットフォームにある「アーリーアクセス」の文化は、その折衷案なのかもしれない。本稿で取り上げている『ARK: Survival Ascended』もまた、同方式によってリリースされている。その条件のもと、ユーザーの一部が今後のアップデートを前提にプレイしている点も、仮定に対する裏付けとなるのではないだろうか。

 制作側にとっても、ユーザー側にとっても、“期待どおりの船出”とはいかなかった『Cities: Skylines II』と『ARK: Survival Ascended』。潮目が変わるのは、どれくらい先になるだろうか。解消を諦めるような対応だけは避けてほしいところだ。



納期と開発クオリティの間で板挟みになっているのではないかと示唆していて、これは最近始まった話ではないだけに、より顕著な問題としてクローズアップされていくものになりそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment