ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

新たな報道によると、『Bloodborne』がソニーピクチャーズで映画化される見通しだとリーク師が伝える



新たな報道によると、『Bloodborne』がソニーピクチャーズで映画化される見通しだとリーク師が伝えるとしていて、その根拠とは?という話になりそうですが、その辺はどのようになっているのかですね。


新たな報道によると、映画『Bloodborne』は、プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ氏と脚本家のダーレン・レムケ氏によって、ソニー・ピクチャーズで製作中だという。現在のところ、このプロジェクトの監督については言及されておらず、これはソニーがまだ監督を見つけていないことを示唆しているのかもしれない。2人の名前が挙がっている脚本家ダーレン・レムケ氏のストーリーおよび脚本作品には、『シャザム!』、『ジェミニマン』、『時の輪』、『グースバンプス』、『シュレック フォーエバーアフター』、『ジャック・ザ・ジャイアント・スレイヤー』、『ザ・パーツ・ユー・ロスト』、『ターボ』などがある。一方、ロルツェーノ・ディ・ボナヴェンチュラ氏は2005年からプロデューサーを務めている。彼の作品には、『トランスフォーマー』や『G.I.ジョー』、『DOOM』や『デッドライジング』といったビデオゲーム映画などがある。

このレポート自体は、業界インサイダーであるダニエル・リヒトマン氏によるもので、過去に信頼できる情報源であることが証明されているが、的外れなものでもある。彼の主張を補足するために、Richtmanは映画の想定されるログラインを提供しているが、これは残念ながら非常に一般的なものである。つまり、目立った詳細は何も書かれていない。

『同名のプレイステーションゲームを基にしたソニーのプロジェクト "とリークされた文書には書かれている。『Bloodborne』は、プレイヤーであるハンターのキャラクターが、荒廃したゴシック様式でビクトリア朝時代を彷彿とさせる街イハーナムを冒険する。疫病の原因を突き止めようとするプレイヤーのキャラクターは、獣や宇宙の存在と戦いながら、街の謎を解き明かしていく』。

これは本当だろうか?知る由もない。2015年の発売以来、かなりの需要があるにもかかわらず、プレイステーションが『Bloodborne』についてまったく何もしていないことを考えると、いきなり映画化で登場するとは考えにくいが、問題のソースは一般的にかなり信頼できる。いずれにせよ、今のところソニーからは何のコメントも出ていない。様々な理由から、この状況が変わることはないと思われるが、もし変わるようなことがあれば、それに応じて記事を更新する予定である。それまでは、この情報は大いなる噂に見てほしい。たとえ正確であったとしても、最終的には不正確なものになる可能性があります。


関連リンク



ソニーピクチャーズで映画化の話が浮上へとしていて、何の脈絡もなく突然出るのかというのがあって、その辺で曖昧さがあるようなので、噂半分で見ておくのがいいですね。それにしてもゲームの映画化が目立ちますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment