ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

EPICゲームズは広範なレイオフに関する報告を確認し、今回の動きが『約830人の従業員』に影響を及ぼすと発表



EPICゲームズは広範なレイオフに関する報告を確認し、今回の動きが『約830人の従業員』に影響を及ぼすと発表としていて、大掛かりなリストラ案をアナウンスしており、何がそのような事に至ったのかというものですね。


UPDATE:Epicは、同社における広範なレイオフに関する報告を確認し、今回の動きが『約830人の従業員』に影響を及ぼすと発表しました。

また、Epicが新たに発表したBandcampとSuperAwesomeの売却に伴い、約250人の従業員が同社を去ることになります。

ここしばらくの間、EpicのCEOであるTim Sweeney氏は、現在同社のウェブサイトで公開されている全スタッフ宛のEメールに、『私たちは収入よりもはるかに多くの資金を費やし、Epicの次の進化に投資し、クリエイターのためのメタバースに触発されたエコシステムとしてFortniteを成長させてきました。私は長い間、レイオフなしでこの移行を乗り切れると楽観視していましたが、振り返ってみると、それは非現実的なことでした。』

『フォートナイトが再び成長し始めたとはいえ、その成長の原動力は主にクリエイター向けコンテンツであり、多額の収益分配を伴うため、『フォートナイト バトルロイヤル』が軌道に乗り、当社の事業拡大に資金を供給し始めた頃と比べると、利益率の低いビジネスとなっています。クリエイター・エコシステムでの成功は素晴らしい成果ですが、それは当社の経済的な構造的な大きな変化を意味します。』

スウィーニー氏は、同社は『ネットゼロ雇用への移行や、マーケティングやイベントなどの営業費用の削減』など、グローバルで『コスト削減のための継続的な努力』を行っているが、依然として『財務的な持続可能性には程遠い』と付け加えた。スウィーニー氏は、『今、この規模で(レイオフを)行えば、財政は安定する』と主張している。

本日の人員削減の影響を受けるすべての従業員には、退職金の一部として6ヶ月分の基本給が支払われ、米国、カナダ、ブラジルでEpicが負担する6ヶ月分の医療費も支給されます。『2024年末までのストックオプションの権利確定スケジュールを早め、本日からさらに2年間の権利行使期間を設ける予定です。米国では、401kの未取得利益分配金の権利確定も行っています。また、キャリア移行サービスやビザサポートなどの福利厚生も可能な限り提供します。』

Epicは、本日発表された830人以上のレイオフが行われることはないと主張し、『これらの変更は財政的にビジネスを安定させるものです』と述べています。

本日の人員削減を受け、Epicは次の『Fortnite』シーズンと『Fortnite』チャプター5、そして『Del Mar、Sparks、Juno』の作業を優先すると述べています。『Del MarとJunoはそれぞれ、『Fortnite』のカーレースモードと『Fortnite』のレゴコラボのコードネームと噂されています。』

スウィーニー氏の投稿に添付されたFAQによると、Epicは 『Fortniteのファーストパーティ開発、Fortniteのクリエイターエコシステムとエコノミー、Rocket LeagueとFall Guys、ゲームとエンタープライズ向けUnreal Engine、Epic Games Store、Epic Games Publishing、Epic Online Services、Kids Web Services、MetaHuman、Twin Motion、Quixel Mega Scans、Capturing Reality、ArtStation、Sketchfab、Fabなどのデベロッパー向けサービスなど、ゲームへの投資を続けている 』とのことです。

ORIGINAL STORY: 4.20pm: Bloombergによると、ForniteのメーカーであるEpic Gamesは約900人の従業員を解雇すると報じられている。

Bloombergは『この件に詳しい人物』の話を引用し、従業員は『スタッフへのメモ』で大幅な人員削減を知らされたと伝えています。

EpicはBloombergの報道に対してまだ公式に回答していませんが、Eurogamerは同社にコメントを求めており、詳しい情報が入り次第、記事を更新する予定です。

本日のニュースは、ゲーム業界全体で大幅なレイオフが行われた今年にもたらされたものです。Microsoft、Take-Two、Riot Games、EA、Twitch、Meta、Unity、Ubisoft、CD Projekt、Roblox、Embracer、Amazon、そして本日Creative AssemblyのHyenasのキャンセルに伴いさらなる人員削減の可能性が確認されたSegaは、いずれも2023年の人員削減を発表している。


関連リンク



830名もの人がリストラされるとして、かなり大掛かりなものになったようですね。外資系の会社らしい動きといえそうで、利益率が低くなったためであり、会社の存続が危うくなるためではないでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment