ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Skydance New Mediaが開発中のスター・ウォーズゲームには、非常に興味深い開発者が関わっていて、どのようなタイトルが生み出されようとしているのか紹介!(リライト記事)



Skydance New Mediaが開発中のスター・ウォーズゲームには、非常に興味深い開発者が関わっていて、どのようなタイトルが生み出されようとしているのか紹介!(リライト記事)その辺はどういった経緯なのかといえますね。


Skydance New Mediaが開発中のスター・ウォーズゲームには、非常に興味深い開発者が関わっています。

5年前、EAはVisceral Gamesを閉鎖し、野心的な新しいスター・ウォーズゲームを中止した。10年前、ルーカスアーツは、ボバ・フェットの活躍を描くアクションゲーム『Star Wars 1313』をキャンセルしました。このゲームは、重層的な犯罪都市コルサントの世界でのボバ・フェットの活躍を描いていました。現在、この2つのプロジェクトのメインクリエイターであるAmy Hennig氏とDominic Robilliard氏の2人が、同じ屋根の下で新しいスター・ウォーズゲームに取り組んでいます。

Dominic Robilliard氏は最近のLinkedInの投稿で、Skydance New Mediaが発売予定のスター・ウォーズゲームのゲームディレクターを務めることを発表しました。Robilliard氏は、キャンセルされたことで有名な『Star Wars 1313』プロジェクトのクリエイティブディレクターだったことを考えると、ふさわしい配置と言えるでしょう。

『エイミー・ヘニグ、ジュリアン・ビーク、そしてスカイダンス・ニューメディアの素晴らしいチームのゲームディレクターとして参加することになり、大変うれしく思っています。このような素晴らしい開発者グループと協力し、マーベルとスター・ォーズの象徴的な世界で(再び!)プレイできるなんて、夢のようです。』

プロジェクトビルドやカットルームフロアに残されたすべてのコンテンツなど、Project Ragtagのすべてのピースをエレクトロニック・アーツが所有しているかもしれませんが、ルーカスアーツはStar Wars 1313を担当しています。もちろん、ルーカスフィルム/ルーカスアーツはスカイダンスにIPをライセンスアウトしているので、『Star Wars 1313』の資産やコンテンツの一部または多くが、何らかの形でクロスオーバーする可能性があると言えます。このゲームは新世代のハードウェアと比較して非常に古くなっていますが、ロビリアードと彼のチームは、コンセプトや文章などの『スケルトン』の概要を、新しいゲームの指針として活用できるかもしれません。

ルーカスフィルムは、スター・ウォーズのゲームに驚異的な広がりを見せている。EAとのライセンス契約はその始まりに過ぎず、『 バトルフロント1』と『バトルフロント2』を合わせて3300万本以上販売し、『ジェダイ:サバイバー』も好調に推移していますが、このパブリッシャーがスター・ウォーズゲームの最後の砦となることはありません。

Ubisoftが、犯罪界の汚い裏社会を舞台にした悪党シム『Star Wars Outlaws』や、ハイエンドなシネマティック・ビジュアルと分岐するストーリーラインを約束するQuantic Dreamsの『Star Wars Eclipse』でこの世界に大きな波紋を投げかけているのを見たことがある。



スターウォーズタイトルを作っているとして、一度お蔵入りになったタイトルを事実上復刻させるようなプロジェクトになっているようで、スタッフも再結集ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク