ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Switchの『The Lara Croft Collection』というゲームに、新たなESRBレーティングが確認されたことが明らかに



Switchの『The Lara Croft Collection』というゲームに、新たなESRBレーティングが確認されたことが明らかにとしていて、それによって、リリースはほぼ決定的になったといえそうで、その辺の情報はどうかですね。


Switchの『The Lara Croft Collection』というゲームに、新たなESRBレーティングが飛び込んできました。これは以前に聞いたことのあるタイトルではありませんが、その内容についてはかなりの推測が可能です。

昨年末、Feral Interactiveは『Lara Croft and the Guardian of Light』と『Lara Croft and the Temple of Osiris』のSwitch版リリースを2023年まで延期すると発表しました。今回、両作品を別々に販売するのではなく、この新しいタイトルでまとめてパッケージ化するようです。すでにESRBのレーティングも出ており、こちらも近日中に発売される可能性が高い!正式な発表と発売日をお楽しみに。

このコレクションは、Tレーティングを取得しています。ESRBのWebサイトからの詳しい説明は以下をご覧ください:

このゲームは、ララ・クロフトとその仲間たちが、古代の神々が世界を破壊するのを阻止するためにアーティファクトを探すアクションアドベンチャーゲーム2本を収録したコレクションです。3/4俯瞰の視点で、プレイヤーはジャングルの遺跡や古代寺院を踏破し、パズルを解き、敵クリーチャーの大群(恐竜、巨大スカラベ、石の悪魔など)と戦います。槍、拳銃、マシンガン、ライフルなどを駆使し、テンポの良い戦闘で敵軍を撃破していきます。戦闘では、リアルな銃撃戦、大爆発、画面揺れなどのエフェクトが発生します。被弾するとバラバラになったり、黄色い液体が飛び散ったりするクリーチャーもいます。赤い血は、クリーチャーがトゲのついたローラーで押しつぶされて大きなシミができたり、本のページが血の滴で染まったりと、ほんの少し描かれている。ゲーム内で 『bastard 』という単語を耳にすることがある。


関連リンク



噂は本当だったとしていて、レーティングされていればほぼ間違いないですね。トゥームレイダーも今後はどのような新作を出していく姿勢を見せるのかという意味でも注目ですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment