ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ハリウッド映画『スーパーマリオブラザーズムービー』がついに10億ドルの大台を突破したことを確認へ



ハリウッド映画『スーパーマリオブラザーズムービー』がついに10億ドルの大台を突破したことを確認へとしていて、それだけ大ヒットしていて、マリオだからこそ驚きが小さいかもしれないですが、凄い事ではありますね。


誰も驚かないが、『スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の興行成績は極めて好調である。しかし、これほど短期間でこれほど好調になるとは、多くの人が予想していなかったのではないだろうか。わずか26日で、このビデオゲームの映画化は10億ドルを突破する予定である。(※突破が確認)この金額では、マリオは配管工のコスプレをしているに過ぎない。

Deadlineによると、日曜日までの予想では、『スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が全世界で10億ドルの大台を突破する見込みです。これは、今週初めにこの映画が『全世界で9億ドルを突破した』ことを受けてのことです。今週末の韓国と日本での公開がこの映画の数字を押し上げたとはいえ、すでにこの目標に到達する勢いだった。実際、多くの報道では、日本での公開に先立ち、先週、この目標に到達していた。

今回も、この映画の成功は衝撃的なものではないはずです。今月初めに公開されて以来、この映画は記録を更新し、予想を上回る航海を続けている。その記録的なオープニングの週末は、イタリアの配管工とその緑の兄弟が、マーベルのアントマン3作目の興行収入を抜いたのである。さらに、『Frozen 2』を抜いて、デビュー週で最も成績の良いアニメ映画となりました。スコット・ラングとエルサがマリオを止められなかったのなら、何も止められない。

この映画は、『ウォークラフト』や『名探偵ピカチュウ』を抜き、ビデオゲームの映画化作品として史上最高の興行収入を記録している。奇妙なことに、イルミネーション・スタジオの3作目として10億ドルの大台を超え、アニメ映画史上3番目に大きな作品でもある。『ミニオンズ』と『Despicable Me 3』に次いで、オーバーオールが今、完全に流行っていることを証明しています。

もちろん、マリオの冒険アニメが順風満帆だったわけではありません。みんなが大好きなパイプを飛び越える配管工の声をクリス・プラットが担当すると発表されたとき、人々は少なからず動揺した。特に、マリオの象徴的な声優であるクリス・マーティネが出演するとなれば、なおさらである。そして、映画の最初の予告編では、プラットがマリオの声にイタリア語の抑揚をつけていないように見え、火に油を注ぐことになりました。さらに、マリオのダンプカーの大きさに関するドラマもあり、あまりいい印象はありませんでした。

しかし、人々はプラットの不安をよそに映画館に足を運び、ノスタルジーは常に勝利することを証明した。現在、この映画は大金を手にし、続編やアカデミー賞ノミネート、そしてニンテンドー・シネマティック・ユニバース全体の話も出ている。個人的には、マリオ、リンク、サムスが主役のアベンジャーズ風映画が待ち遠しいです。


関連リンク



10億ドルを突破したことが正式に確認されたようで、大ヒットしていますね。驚きはしないですが、任天堂の映画で最大の成功例になって、日本版がどう反応があるかですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment