ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

アトラスの親会社であるセガは、最近の四半期決算報告で、『ペルソナ5 ロイヤル』が安定した売れ行きを続けていることを明らかに



アトラスの親会社であるセガは、最近の四半期決算報告で、『ペルソナ5 ロイヤル』が安定した売れ行きを続けていることを明らかにとしていて、その内容とは?という所になっていて、どれだけのセールスを記録していたのかですね。


近年、ペルソナゲームはアトラスにとって大きな売上げを記録しており、特にペルソナ5とその多くの派生作品は、その傾向が続いている。アトラスの親会社であるセガは、最近の四半期決算報告で、『ペルソナ5 ロイヤル』が安定した売れ行きを続けていることを明らかにしました。

具体的には、Nintendo Switch、Xboxコンソール、PC、PS5で最近リリースされたJRPGのリマスター版が好調な数字を記録している。11月にアトラスは、リマスターが全プラットフォームで100万本売れたと発表し、それから時間をおいてさらに70万本売れ、3月末の時点でリリースの総売上は170万本に達している。

なお、ペルソナ5ロイヤルとペルソナ5シリーズの累計販売本数については、セガから発表がありません。当四半期において、シリーズ全体では123万本を販売しました。

11月時点で、同フランチャイズは全世界で1680万本以上、ペルソナ5シリーズの累計販売本数は830万本となっています。


関連リンク



それにしてもジムライアン氏の乱がなければペルソナはマルチプラットフォーム化していなかったかもしれないので、そういう意味でも売り上げ比率も気になる所ですね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment