ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

フロム・ソフトウェアは昨日、メカコンバットタイトル『Armored Core 6: Fires of Rubicon』のいくつかの新情報を発表、8月25日の正式アナウンスと共にPCの最低環境も明かす



フロム・ソフトウェアは昨日、メカコンバットタイトル『Armored Core 6: Fires of Rubicon』のいくつかの新情報を発表、8月25日の正式アナウンスと共にPCの最低環境も明かすとしていて、どの程度の水準になっているかですね。


フロム・ソフトウェアは昨日、メカコンバットタイトル『Armored Core 6: Fires of Rubicon』のいくつかの新情報を発表しました。最初のゲームプレイとともに、Xbox One、Xbox Series X/S、PS4、PS5、PC向けに8月25日に発売されることが明らかにされました。グラフィックのオプションは明らかにされていませんが、PCでの最小要件はSteamで公開されています。

64ビットCPUとWindows 10、そしてDirectX 12とブロードバンドが必要です。また、Intel Core i5-8600KまたはAMD Ryzen 3 3300X、12GB RAM、Nvidia GeForce GTX 960(4GB)、AMD Radeon RX 480(4GB)またはIntel Arc A380(6GB)が必要です。また、65GBのインストール可能なスペースが必要です。

推奨要件は明らかにされていないが、これは本作の発売がまだ数ヶ月先であることから当然といえば当然である。また、最低限必要なハードウェアがどのようなパフォーマンスや設定を提供するのかも不明であるため、詳細については続報をお待ちください。





最低環境しか明かされていないので、何とも言えない部分ですね。できれば推奨環境に近い構成でプレイしたいPCゲーマーが多いでしょうからヤキモキしますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment