ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

宮本氏が、スーパーマリオ64で当時目指していたマリオとルイージの同時プレイについて、断念した理由を語る(リライト記事)



宮本氏が、スーパーマリオ64で当時目指していたマリオとルイージの同時プレイについて、断念した理由を語る(リライト記事)、その辺はN64のロンチタイトルでしたし、その辺の絡みもありそうですね。


マリオの歴史に詳しい任天堂ファンは、ある時点でルイージがスーパーマリオ64でプレイアブルになる予定だったことを知っている。チームは元々マルチプレイを可能にすることを望んでいたが、最終的には技術的に実現できなかった。

宮本茂氏はThe Guardianのインタビューで、スーパーマリオ64の開発について少し明かした。チームが直面した制限について、宮本氏は次のように述べています。

『ゲーム機で3Dの実験をしようとしたとき、動くのはマリオだけでした。もちろん背景もありません。限られたものになると思っていたのですが、予想以上に少ないものになってしまいました。そこで、マリオとルイージを同時に登場させることを諦めて、ゲーム性を作り直すことにしました。』

同じくThe Guardianが掲載した特集では、長年マリオを開発してきた手塚氏が、キャラクターの顔を操作できるオープニング画面になった経緯を語っています。

『『スーパーマリオ64』のゲームデザインに携わったわけではないのですが、3Dということで初めてのことがたくさんありました。悩んでいるうちに、宮本さんが『プログラマーが作ったマリオの頭の模型を使って、ゲーム外でもマリオを回転させたり、鼻を引っ張ったりして遊べるようにしたい』とおっしゃっていました。』


関連リンク


スーパーマリオ64ではマリオとルイージが同時プレイを目指していたというのは割と有名ですが、技術的に難しかったとしており、それが結果実らなかった1つの背景だったようですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク