ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ぷよぷよを手がけるセガ細山田氏が、一度でも無料で出してしまうと、有料版が受け入れられなくなると指摘(リライト記事)



ぷよぷよを手がけるセガゲームスの細山田氏が、一度でも無料で出してしまうと、有料版が受け入れられなくなると指摘へ(リライト記事)。スマホゲーが基本無料ゲーにするのが定着していますが、コンシューマーゲームソフトでは難しいですよね。


4Gamer:
Free-to-Play(基本プレイ無料)でアバターなどで課金をする,という方法もあると思うのですが,そうしなかった理由は何でしょう。


細山田氏:
一度無料にすると普通に販売することが受け入れられなくなる可能性があるんです。新しい物語や漫才デモを搭載した新作を販売しても,これまでのようには売れなくなる。そうなると「ぷよぷよ」自体が終わってしまうんです。


 僕が重視しているのは「ぷよぷよ」というタイトルが途絶えないことなんです。これまでも何度か危うい場面を乗り越えていたりもしますが,一度なくなってしまうと,どれだけ有名なタイトルでも復活させるのがすごく難しい。作ってる人も会社を辞めて居なくなりますし,リソースもなくなってしまいます。実際,そんな不幸なタイトルをたくさん見てきました。

「ぷよぷよeスポーツ」はそうならないための布石であり,これからの展開を見据えたうえでの一手でもあるんです。


関連リンク


F2Pは始めたときは横一線なんですが、課金というハードルが出始めてそこで続けるか辞めるかの二択になるんですよね。このまま続けるかどうかはかなり今の時代はシビアなので、このビジネス形態も厳しい時代ですね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク