ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マークサーニー氏がPS4で掲げた設計思想、そして、PS3からの脱却を語る(リライト記事)



マークサーニー氏がPS4で掲げた設計思想、そして、PS3からの脱却を語る(リライト記事)、今はPS5に対し、どのようなアプローチをしているのかというのが注目されていますが、その受け皿となっていたのがPS4での理想ですね。


PS4のリードアーキテクトであるMark Cerny氏は、2007年まで『PlayStation 3に明らかに問題があった』ことを知っていました。

システムはPCやXbox 360に比べて複雑で、その結果、マルチプラットフォームゲームの開発中にPS3の品質が低下することがよくありました。

2007年は、Mark Cerny氏が現在PlayStation 4に搭載されているX86プロセッサの研究を始めた年です。ソニーの新しいマシンに対する彼の情熱とそこにあるべきものは、彼がプロジェクトの制御のために売り込むことにつながった。

「一番大きなことは、ハードウェアを、プログラマーが高品質のタイトルを作成するために解決する必要があるパズルにしたくなかったことです』とMark Cerny氏は語り、Cellについて言及した。

Naughty Dog(Uncharted)とSony Santa Monica(God of War)の専用PS3チームがPS3を使いこなすために時間とお金を投資し、その結果を共有するまで、ソニーのマシンは輝き始めました。

2008年、Mark Cerny氏は開発者にPS4で何が必要かを尋ね始めました。彼はそれについてかなり無害でなければならなかった『それは私たちが出て来て、私たちが次世代のハードウェアを開発していると言うことができるわけではない』質問者に、次世代がもたらすかもしれないと開発者やミドルウェアエンジンメーカーが尋ねた質問。統一メモリと彼らは言った。そして8つ以下の処理コアが喜ばれた。

ツールチェーンと開発環境もソリューションの一部でした。『私たちは、開発者がツールをより豊かで使いやすいものにしたかったのです』とCerny氏は語ります。PlayStation Vitaはその最初の実施形態でした。

Cerny氏のハードワークの結果は、2月にソニーによって発表されました。PlayStation 4は、開発者が理解できるPCのようなアーキテクチャーと、開発者が『喜び』を分類している途方もない量のメモリを備えています。

Witcher 3開発者CD Projekt Redは、PlayStation 4のPCのようなアーキテクチャのもう1つの歓迎すべき効果を強調しました。開発中に1つの変更を行うことができ、変更ごとに変更するのではなく、ゲームのすべてのバージョンに影響します。『状況は、開発者にとってはるかに簡単である』  Adam Badowski,、CDPRのヘッドが言いました。そして、『はるかに簡単』は時間の節約、つまりお金の節約を意味します。無駄を減らし、創造性を高め、より良い結果をもたらします。


関連リンク


ゲームデザイナーでもあるマークサーニー氏は首尾一貫していて、作りやすいアプローチのしやすいハード、そして、体験を目指しており、その辺はPS5にも通じる部分が多くありそうですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク